漫画ウンチクの一覧

PCでこのブログをご覧になっている皆さんは、

ぶっちゃけ、携帯漫画というものをご覧になった事がおありでしょうか?

 「もちろんだ!! 『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』も『水商2』も欠かさず読んでいる!!

というお客さんも当然いらっしゃるでしょうが、

「ゴメン、実は全然読んだ事ない。このブログはたまたま興味本位で・・・」

なんて方も意外と多いのではないでしょうか? 

気にする事はありません、それが普通です。

 

携帯漫画のユーザーと紙の漫画のユーザーは完全に分かれてしまっている、

というのは業界全般の平均的な認識です。

PCで漫画に関する情報を収集するような勉強熱心なお客さん

(所謂「漫画読み」と言われる皆さんですね)は、

PC配信の漫画を読む事はあっても、携帯配信の漫画を読む事はほとんどなく、

逆に、モバMANをはじめとする各社の携帯漫画は非常にライトなユーザー、

紙の漫画や活字をほとんど読まない層に支持されていると考えられているのです。

 

斯様な断絶が発生したのは、それ相応の理由があってのことです。

「漫画読みは紙媒体で漫画を物理的に所有したい」

「漫画読みには携帯の小さい画面は物足りない」

「携帯は個人的なメディアなのでエロと相性が良すぎた」等々・・・

一々もっともではあるんですが、なんて言いますか、こう、勿体ないですよね。

『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』は大ヒット商品ですが、それを買い支えているお客さんの中に、

年末、コミケであれだけの購買力を見せつけてくれるような客層は

全く含まれていないのです(たぶん)。

 

ボスにお願いして私がこのブログを始めさせてもらったのも、

そこらへんの断絶をどうにかして、

紙の漫画のコアなお客さんをもうちょっと携帯市場に引っぱってこれないかな、

という思いがあったためです。

根本的な部分でのどうしようもなさは変わらないと思うのですが、

それにしてもこれまでは「どうせ違った市場さ」という言葉を言い訳にして

作り手の側からのアピールが少なすぎたのではないでしょうか?

 

このブログでは、作品の配信情報や内容紹介のほかに、

携帯漫画ならではのノウハウ紹介とか市場分析、

作家さんのお宅訪問、動画による作画過程公開など、

ライトユーザーよりもどっちかというとコアな漫画読みの皆さんに

喜んでいただけるようなコンテンツを意図的に入れていくつもりです。

そういった事がきっかけになって、

ネットでわざわざ情報収集するようなコア(有り体に言うと“オタク”)な皆様にも

モバMANのコンテンツに触れていただければ、

我々のお財布的にも大変心強いですし、

PC配信よりも圧倒的に課金が簡単な

携帯漫画という形式がもうちょっと一般的になれば、

漫画業界の将来も明るくなるんじゃないかと考えております。

 

あ、もちろん、市場を住み分けてる事によって

角川さんやスクエニさんなどのコアユーザーに強そうな所と

正面から喧嘩せずに済んでる、ってのはだいぶデカイと思うんで

これからもモロに同じ市場を狙う事は個人的にはやらないつもりですが・・・

これまでうまく行ってた要因は大事にしつつ、

紙、携帯、両方のお客さんに喜んでもらえそうなコンテンツを

増やしていけたらなと思っております。

 

新戦力もガンガン準備中(シャレです).jpg

↑新戦力もガンガンに準備中!!(シャレです。詳細は後日)